木製サッシ仕様

HOME > 木製サッシ仕様 > 性能

性能

防火性能

image
防火設備(旧乙種防火戸)認定 (※ オプション)
オプション
準防火地域、また耐火・準耐火構造物においても対応可能です。

ヘーベシーベの下枠は見付56mmとなります。
FIXは見込み56mmタイプのみです。
窓の種類によって、最大寸法が変わります。
※連窓の場合は、見付10mmの連窓
 部材が入ります。  
詳細はこちら

断熱性能

image
JIS H−4・5等級 (※ガラス仕様により変動)
オプション
サッシの断熱性は「サッシ自体」・「枠と稼動部分の隙間」・「ガラス面」の3要素が関係しますが、WOOD FENSTER は主要アイテムにおいて「H−4・5等級」をクリアしていますので、冷暖房共に高い断熱効果を得ることができます。
経済産業省の省エネ建材等級で「窓」「サッシ」において最高等級の「★★★★」を獲得しています。
詳細はこちら

気密性能

image
JIS A−4等級 【2等級線】
オプション
隙間から漏れる空気の量が少ないほど、断熱性能と同様に零段熱効果を高めます。
  
詳細はこちら

水密性能

image
JIS W−4・5等級 【350〜500Pa】
オプション
雨水の浸入は降雨量よりも風圧力に深く関係しており、一般的な住宅の場合は「W−2等級」もしくは「W−3等級」で十分とされていますが、WOOD FENSTERは主要アイテムにおいて「W−4・5等級」を達成しております。
  
詳細はこちら

耐風圧性能

image
JIS S−5〜7等級 【2400〜3600Pa】
オプション
WOOD FENSTERは主要アイテムにおいて、耐風圧性能における住宅用最上級レベル「S−3等級」を超え「S−5・6・7等級」を確保しています。
  
詳細はこちら

遮音性能

image
JIS T−2等級 【30等級線】 (※ガラス仕様により変動)
オプション
防音性を考えた住宅では、一般的に「T−1等級」の性能サッシが使用されていますが、WOOD FENSTERは主要アイテムにおいて「T−2等級」の確保が可能です。
※また、オプションで「防音複層ガラ
 ス」を採用することにより、更なる
 遮音性能の向上が可能です。
詳細はこちら

防犯性能

image
防犯性の高い建物部品 (CP認定)
オプション
2004年に官民合同会議で制定された、抵抗時間(侵入可能時間)が5分以上であることなど、一定の防犯性能があると評価された「防犯性の高い建物部品」に認定されています。
※オプション対応
詳細はこちら

ページ先頭に戻る